~GXg[KItBX

部分痩せダイエット!モデル体型になりたい!人気EMS腹筋マソーン【ボニック(BONIC)】を徹底的に研究!


ボニック詳細はコチラ


究極ダイエット

ボニック

夏太りに注意!

夏は太りやすい季節って知っていましたか?

夏は汗をかくし、暑さでバテて食欲も落ちるから「1年で一番痩せる季節」だと思っていませんか?
しかしそれは間違い。実は「夏太り」する人は、「夏痩せ」する人の3倍もいるのだとか。
「夏は食欲がないから余り食べていないのに太った」という話を毎年のように耳にします。

なぜ汗もかくし、食欲も落ちるのに太るの?

夏って痩せる要素が多そうに思いますが、なぜ夏に体重が増加してしまうのでしょうか?
夏太りにはいくつかの原因があります。
原因を理解して原因を一つ一つ消していくことが大切です。

/緤を一気にとってしまう

夏の暑い日には誰もがやってしまう夏太りの原因。たとえ水でも必要以上に水分補給することは太る原因になります。

「夏は暑いから、水分しか摂っていないのに体重が増える」という経験をしたことはありませんか?糖分が高いジュース等ばかり摂っているともちろん太ってしまいます。

夏はどうしても冷たいものばかり摂取してしまい、内臓から体を冷やしてしまいます。内臓が冷えてしまうと、血液の流れが悪くなり、冷えから守るために脂肪がついてしまいます。

午前中は身体の『悪いものを排泄する時間帯』ですから、水分が呼び水となり悪いものを排出してくれます。逆に日没後になると身体は『蓄える時間帯』に入るので、摂った余分な水分はカラダに溜まりやすいんです」。

さらに体のなかのカリウムが足りない状態で、どんどん水分だけが身体にはいってくると、むくみやすくなります。

¬3个鈍くなる

夏になると冷たいものを食べる機会が増えます。
冷たいものによって味覚がマヒしてつい食べ過ぎてしまいます。
冷たいものは温かいものに比べ、甘味を感じにくくなるので、心行くまで食べてしまうと糖分の摂りすぎに繋がる可能性大!
アイス、プリンなどは甘いうえに歯ごたえがなく、ついつい食べ過ぎてしまうので要注意。
さらに、 冷たい食事は薄味に感じるので思った以上に塩分が多かったり、カロリーが高いです。

4霑誕綣佞下がる

夏は汗をかいてるからと言って代謝が上がっているわけではありません。この勘違いが油断につながっている場合が多いです。夏は汗をかいているから痩せていると思いがちですが、その汗は自然発汗によるもので、 実は代謝量も低下していることが多いのです。

体温よりも気温の低い冬は、体の体温を維持するためにエネルギーを燃やしますが、夏は気温が高いので、エネルギーを燃やさなくても体温を維持できるのです。

夏は基礎代謝が低下して、消費エネルギー量が減少するので、食事量に変化がなくても、太る原因になってしまいます。

ぬ洋爐多くなる

暑い日が続き食欲がなくなってくると、食べやすい麺類を食べることが多くなります。
そうめんは味も見た目もさっぱりでカロリーが低いと勘違いしている人も多いですが、大きな間違いです。

ご飯を食べるなら一膳だけど、そうめんは単品でたべるから2〜3人前食べる、という人も少なくないようですが、それはちょっと危険な食生活です。

麺類ばかりですと、栄養が炭水化物に偏り、食べたものをエネルギーに変換できず、脂肪が溜まりやすい状態になってしまうのです。

特にそうめんというのは、1人前100g(乾麺の状態)のカロリーは、およそご飯2杯分のカロリーに匹敵します。

夏太りは一度太ってしまうと秋になっても戻らない場合が多いので注意が必要です。

a:107 t:1 y:0

▼ボニック公式はこちら

powered by Quick Homepage Maker Mobile 2.14
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

gAtB