~GXg[KItBX

部分痩せダイエット!モデル体型になりたい!人気EMS腹筋マソーン【ボニック(BONIC)】を徹底的に研究!


ボニック


超音波&EMSのWパワーでボディメイク!「ボニック」


参考
驚異!真似したらダメ!脱水ダイエットで24時間で11キロの減量 | 部分痩せダイエット情報


トップ

お腹

a:10218 t:1 y:0

最悪ダイエット特集

驚異!真似したらダメ!脱水ダイエットで24時間で11キロの減量

「24時間で11キロの減量」に挑んだのは28才のスポーツ科学者で、その手法を一言でまとめれば「脱水ダイエット」

脱水ダイエットの方法
1. 塩を摂らない: 塩は保水機能があるので塩分はカット
2. 塩風呂につかる: マグネシウムの風呂は、身体の水分を吸い取る効果がある
3. サウナに入る: 汗で水分を流しまくる
4. 炭水化物を摂らない: 炭水化物が筋肉にグリコーゲン(筋肉1キロあたり18グラムもある)として保存されるのを防ぐため
5. サウナスーツを着る: 汗で水分を流しまくる
6. タンパク質と脂肪を摂る: 炭水化物とちがってタンパク質と脂肪は筋肉にグリコーゲンとして保存されない

24時間で14キロ落とす実験

その考えを示すために実験に挑んだ。その実験とは、24時間で14キロの減量を行うというもの。
結果はすでに伝えた通り、11キロも体重を落としてみせた。
目標に達することはできなかったが、それでも十分に効果があったと言えよう。

一歩間違えば極度の脱水症状に

ロス氏は完ぺきな医療観察のもとで実験をすすめた。彼は利尿剤で排尿を促進しながら、スエットスーツを着てジムでトレーニングを行い、なおかつアツアツのエプソン塩(硫酸マグネシウム)バスに入り、水分の摂取をギリギリまで控えた。塩は水分を保持する役割を持っているので、塩の摂取も控えたのである。塩分を摂取しなければ脱水症状になる。つまり、一歩間違えば極度の脱水症状で死にいたる可能性も否定できない。

身体と向き合ってダイエット

絶え間なく、水分を摂る誘惑に襲われながら、なんとか24時間実験をやり遂げ、11キロの減量を実現したのである。

繰り返しになるが、この実験は決してマネするべきものではない。
だが、ロス氏が示した通りに、脂肪だけが体重に影響している訳ではない。
また急激に体重を落とすことはそう難しくはないことだ。
しかし栄養や自尊心を犠牲にしてダイエットに臨むべきではないことも事実。
うまく自分の身体と向き合いながら、ダイエットに励んでほしい。

▼ボニック公式はこちら

powered by Quick Homepage Maker Mobile 2.14
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

gAtB